WEB業界で英語を読めることの利点

2006年12月1日

当たり前だけども、英語を読めるというスキルがWEB業界でやっていく上で非常に力になるという事を最近ひしひしと感じる。
プログラミングも英語がベースとなっているし、新しい技術の解説なども英語で書かれているページがほとんどだから英語を読める事がスキルアップにつながるという事を多くのWEB制作者は痛感していることだろうと思う。
WEBに関する情報の発信源もアメリカ発がほとんど。たいてい早くに情報を仕入れている人は海外サイトの翻訳をしてブログなどで発信しているのがほとんどだ。
自分もカナダに1年いたという経験もあり、人並み以上には英語のリテラシーに長けているとは思うけども文章を読むということにはあまり慣れてはいない。RSSなどで翻訳された情報をインプットするよりも海外サイトからのインプットをもっと増やし、アウトプットしていく事を意識していきたいと感じる。

この記事について