GA4でのイベント&コンバージョン測定について

2022年6月29日

以前のUAではイベント測定はJSなどでパラメータを送信するやり方やGTMによる設定で行っていましたがGA4からはGA4の管理画面のみで測定が可能になりました。

目次

イベント作成

まずは例としてお問い合わせページ(/contact/)に到達したらイベントをカウントする設定を作ります。

①設定 > イベント に移り「イベントを作成」をクリックします。

GA4ではデフォルトのevent_nameとして上記の項目がセットされています
カスタムイベントは「作成」をクリックしておこないます

②カスタムイベント作成画面

入力画面

条件は上記の2つを登録します。

パラメータ、演算子、値の3つがセットになります。上記の例でいうとデフォルトイベントのページビューでURLが/contact/であれば発火するという設定です。

作成して計測が溜まっていくと以下のように蓄積されていきます。

カスタムイベントが追加されてカウントされた状態

イベント設定パラメータと値について

イベント設定パラメータと値の例を記載しておきます。

ページの表示

パラメータ演算子
event_name次と等しいpage_view
page_location次を含む or 次と等しいディレクトリパス

クリック

パラメータ演算子
event_name次と等しいclick
link_id次を含む or 次と等しいID

クリック測定の場合はリンクのIDを例にしていますが、classだったりURLだったり色々あると思います。パラメーターの一覧や説明については[GA4] 測定機能の強化イベントに記載されているので参考になります。

コンバージョン設定

UAでは目標設定の項目で決めていたコンバージョンですが、GA4ではイベントの設定からコンバージョンとしてマークを付けるの項目をアクティブにするだけで設定が可能になりました。

UAの時のようなSTEP設定はできなくなっていますが、とてもシンプルに設定ができるようになったと感じます。

この記事について