MAの運用③ カスタマージャーニーマップの作成

2017年7月28日

実際のMAツールに落とし込むシナリオの元がカスタマージャーニーマップになります。

ma_eye.jpg

複雑なものからシンプルなものまでありますが、まずは基本となるカスタマージャーニーマップを作成します。ペルソナ別の詳細な カスタマージャーニーマップはこれを派生させる形で作る形のほうが効率的です。

ステージ設定

ターゲットのパーセプションチェンジが起こるタイミングをステージに設定します。パーセプションチェンジとは「意識や認識を変える」事で、仮に大学進学を考える高校生と保護者を例にあげると

  1. 大学に進学したいな
  2. ●●大学が良い気もするけど、まだわからないので他も調べなきゃ
  3. やっぱり●●大学が良いと思うけど学費の事や家族の同意も必要だ
  4. よし●●大学に受験すると決めた

という意識や認識の変化のポイントが パーセプションチェンジ となり、ステージ設定になります。

ターゲットのセグメント

MAではユーザーに対して区分けを行いリスト化を行っていきます。例えば基本的なセグメントでいくと

のような分け方がオーソドックスかと思いますが、

といったより細かなセグメントを行うことも可能です。
※Mauticでも柔軟にセグメント設計を行う事が可能です。

コンテンツの選定

各ステージのターゲットに対してアプローチするコンテンツを選定

以下が基本形となるカスタマージャーニーマップです。

costomerjarneymap.jpg

様々な条件や各アクションで何ポイントを付与するなどMAツールによって色々なリードナーチャリングか可能です。
次回からは実際にMAツールのMauticを使ってどう設定していくかを解説していきます。

<$mt:EntryID setvar="currentID"$>


<$mt:EntryTitle$>

<$mt:EntryBody$>



<$mt:EntryTitle$>

<$mt:EntryBody$>



この記事について