リンクベイティング

2007年3月17日

リンクベイティングとはクリックされやすいようなタイトルや見出しをつける事によって検索エンジンやソーシャルブックマークなどのソーシャルメディアからの誘導を促す手法のことを言います。

最近のWEBマーケティングではSEO(検索エンジン最適化)に加えてこのリンクベイティングという手法が注目されています。

前回のエントリー”衝撃!Googleが無料のNapsterになった!!“で実験してみたのですが、実際かなりの効果がありました。

ユニークユーザー数だけみるとエントリーを書いた翌日だけでこのブログの2週間分ほどのアクセス数をはじきだしました。

しかし、はてなブックマークなどのITリテラシーの高いユーザーなどからはあまり良い評価を受けていないのが事実です。なぜかというと、このエントリーは実際にGoogleが無料のNapsterになったわけではなく、検索の仕方によってmp3がダウンロードすることが出来るという内容をNapsterを例にあげてGoogleがNapsterになったという過大表現をしたまでにすぎないからです。

過大表現のしすぎによって企業のブランドやイメージを損なう危険性を意識すること、そして適切な節度をたもちながら取り入れていけなければならないことを意識した上で使わないといけませんね。

この記事について