LPO(Landing Page Optimization)

2006年11月30日

最近のWEBマーケティング業界で注目を集めているLPO(Landing Page Optimization)とはランディングページ(着地点)すなわちユーザーが検索エンジンやWEBサイトから最初にアクセスされたページをオプティマイゼイション(最適化)する事をいう。

いくらSEO対策やキーワード広告に投資し上位表示され、クリックされても、すぐにユーザーが他のサイトに移ってしまえば結果としてそれらの努力が意味をもたなくなってしまうからだ。すなわち直帰率の改善こそがこのLPO(ランディングページ最適化)の肝だと言える。

そのためにはユーザーのニーズにマッチしたコンテンツを表示してコンバージョン(物販サイトでいえば成約数、サービスサイトであれば見積もり等)を上げる工夫や、トップページ以外の他のページから入ったユーザーにもそのサイトがどういうサイトなのか一目でわかってもらえる情報を配置すること、その次に目的とする次のステップに進んでもらう事もLPO(ランディングページ最適化)といえる。例をあげると

上記のようなユーザーのニーズに適したコンテンツを表示する工夫や、物販サイトであれば商品ページ、サービスサイトであればお問い合わせページに移動しやすいようなナビゲーション、ボタンの配置をする工夫がこのLPO(ランディングページ最適化)にあたる。

この記事について