SEO対策のガイドラインはあるのか?

2006年7月8日

最近うちの会社では、制作部のガイドラインができたばかり。
そのガイドラインには制作のワークフローから、XHTMLやCSS、FLASHのパブリッシュ設定まで、事細かに決められる事になったわけ。
それでも、速度の速いこの業界、ガイドラインができてもIE7の対応だとか色々追加がでてきて、改訂版がパブリッシュされる速度も速い。
そこで、あるデザイナーがSEOもどういう風にするかを決めてほしいと言っていた。
ていうのも、ディレクターによってSEOのやり方に違いがあるから、こちらとしては各ディレクターに合ったSEO対策をしていくわけで、すごくやりにくい。
ほんでそういう” SEOのガイドライン ”議論もなされる中で、SEOについて思ったことは、SEOにベストな方法はないって事。
検索エンジンのアルゴリズムはそれはもうすごい速度で変わっていくからこれが正解って決めることができない。ほんと試行錯誤の繰り返しで、だからうちのような会社のようなSEO屋の存在意義があるわけ。
※ちなみにうちの会社はデザイン会社ではなく営業主体のSEOに特化した製作会社。
過剰な規則で縛ることがかならずしも良いとはかぎらず逆効果っていう、効率化を追い求めていくと落とし穴が出てくるんやなって。自分の仕事にも思い当たるふしが色々ありました。
気をつけなきゃ。

この記事について