MT4にアップグレード

2007年9月29日

今日はWEBsig会議が開催した『WebSig会議「Web屋さんのためのMovable Type4」in 大阪』に行ってきました。

そして家に帰ってブログをMT3.3からMT4.01にアップグレードしました。やり方はすごく簡単でしたのではしょって説明します。

という感じで簡単にアップグレードできます。ただ、MT4.01からBerkeley DBをサポートしなくなったため、Berkeley DBを使用していた場合、Berkeley DBをMySQLもしくはSQliteにコンバートしなくてはなりません

コンバートのやり方も結構簡単です。元からMTにコンポーネントされているmt-db2sql.cgiにアクセスしてコンバートできます。やり方は『Berkeley DB から SQL データベースへの移行』を参照してください。

ただもっと便利な方法として、Ogawaさんが作成されたMovable TypeのデータベースをDB間で相互にコンバートするCGIスクリプト『mt-db-convert』を使うと便利です。

こちらはmt-config.cgiで設定を変更せずに、高速でコンバートできるため、万が一のトラブルをふせぐことができます。僕はこれを使用してコンバートしたんですが、なぜかLogをコンバートする最中でいつも止まってしまいました。

対処法として、mt-db-convertが変換する順番を変える、またはLogのコンバートはしないという解決策で対応しました。その際の設定方法はこちらを参照してください。

LogはそのMTにアクセスし何かを検索された記録を残すログなので、Logはコンバートせずとも大丈夫です。(たぶんですけどね。)

そしてコンバートできたらmt-config.cgiのデータベースへのアクセスを設定すればアップグレードすることができるようになります。

この記事について