WordPressで公開後のページを更新する方法

2021年4月19日

WordPressでは公開前のページであれば下書き状態として保存ができますが、公開後にページを更新するとそのまま更新内容が公開されてしまいます。そこで公開後のページはそのままに下書き状態で更新を保存し、校了になってから公開ページと切り換える方法をご紹介します。

ページをコピーして差し替える

まず更新するページをコピーする必要があるのでプラグインの「Yoast Duplicate Post」をインストールします。これがあるとボタンクリックでページをコピーできるので便利です。
※コピー系プラグインは色々あるので使いやすいものをチョイスしましょう。

手順としてはバージョン2として記事のコピー機能を使って複製したあとは複製した記事を修正し、校了になれば既存の記事を削除して複製したバージョン2を本ページとして公開します。ページのスラッグを合わすようにご注意ください。

【過去】ブランチを作成して切り換える

今のブロックエディタでは使えないのですが、昔は「WP Post Branches」というプラグインを利用して、新規のBranchesを作成して切り換えるという手法もありました。※この方法は使ったことはないのですが、検索すると色々不具合があったようですね。

個人的にはページを複製する方法だとリビジョンが削除されてしまうので、このブランチを作る方法のほうが好きなのですが、使えないものは致し方ない…といった感じです。

結論

あまりスマートな方法ではありませんが、やはり「ページをコピーして差し替える」が現状もっとも適した方法であると思います。

この記事について