XAMPPでMT5を開発する方法

2010/01/27

MT5をローカルPCの環境で構築する手順を覚書として書いておこうと思います。

開発環境

MTのバージョン

MovavleType 5.01

XAMPPのインストール

ダウンロードURL
http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html#2671

手順はダウンロードしたexeファイルをインストールします。そしてhtdocsに開発サイトのフォルダを置きます。ローカル環境で開発を進めるためにはhttpd.confとhttpd-vhosts.confを編集する必要があります。編集する箇所は以下の2点です。

httpd.confの47行目付近
Listen 81を追加 複数のサイトを開発する際は81~という形で数字を増やしていく。
httpd-vhosts.confの最後尾
<VirtualHost *:81> DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/test" </VirtualHost>

httpd-vhosts.confもhttpd.confと同じように複数のサイトを開発する際は81~という形で数字を増やしていきます。

ActivePearlのインストール

インストール先フォルダはPerlの部分をusrに変えるとMTのパスをいじらなくて良いので楽です。ActivePearlをインストールし終えたらPerlPackageManagerを起動してDBI-mysqlをインストールする。PerlPackageManagerはGUIが用意されているので管理が簡単です。

ImageMagickはPPMからインストールしたものでは認識しなかったので別でDLしてインストールしました。ActivePerlでImageMagickを扱う際はバージョンにより動作しないという事が多いので注意が必要です。

ActivePearl 5.10.1 Build 1006に対応するImageMagick
ImageMagick-6.5.7-7-Q16-windows-dll.exe
・ダウンロードURL
http://libweb-mirror.veidrodis.com/image_magick/binaries/

ImageMagickをインストールする際の注意点

ダウンロードしたImageMagickをインストールする際はActivePearl 5.10.1 Build 1006の項目にチェックを入れます。ちなみにImageMagickはWindowsを再起動しないと認識しないので注意が必要です。

この記事について