MAの運用⑤ MAへの落とし込み【Mauticの事前準備編】

2017/08/04

ここまでこればMAツールで設定を行う準備は完了です。ここからはMauticを使ってどう設定していくかを解説していきます。

mautic_eye.jpg

Mauticはインストールをしなくてもクラウド版を利用することも可能です。利用する準備が出来ていれば、以下を設定していきます。

フォームの作成

アンケートやお問い合わせ、イベント参加、資料ダウンロードなどのコンタクトの情報収集に必須です。フォームを通さなくてもコンタクトは登録されますが「 is:anonymous 」としてIP、国、IDのみの情報しか登録されません。

フォーム | Mautic Documentation

アセットの作成

アセットは資料のデジタルデータ(PDFやZIPなど)を登録する事が出来ます。

アセット | Mautic Documentation

ポイント設定

コンタクトをリードナーチャリングしていくためのポイントの設定を行えます。
例)資料請求したら50ポイント、詳細ページを見たら5ポイントなど。

ポイント | Mautic Documentation

ページの管理

コンテンツのページを作成できます。特定のコンタクトのみ表示を変えるなど可能です。

ページ | Mautic Documentation

メール配信

テンプレートを利用した自動・手動メール配信を行えます。

メール | Mautic Documentation

コンタクトの管理

タギングされて追加されたコンタクトの管理や「追加」する事でオフラインのコンタクトも登録が行えます。

コンタクト | Mautic Documentation

という手順で事前準備をしていきます。
ここまでできればキャンペーンという機能を使ってカスタマージャーニーマップのシナリオを設定していきます。

MAの運用① 規模感やスケジュール

MAを始める前にまずはこれから行うマーケティングの規模感やスケジュールを整理します。

MAの運用② ペルソナ設計

次にはマーケティングを行うターゲットを具体的なペルソナに落とし込みます。

MAの運用③ カスタマージャーニーマップの作成

実際のMAツールに落とし込むシナリオの元がカスタマージャーニーマップになります。

MAの運用④ Mauticのインストール

オープンソースのMAツール Mauticをインストールについて。

MAの運用⑤ MAへの落とし込み【Mauticの事前準備編】

ここまでこればMAツールで設定を行う準備は完了です。ここからはMauticを使ってどう設定していくかを解説していきます。

MAの運用⑥ MAへの落とし込み【 カスタマージャーニーマップの 落とし込み】

事前の準備ができればキャンペーンを利用してカスタマージャーニーマップのシナリオを設定していきます。今回の記事でMAの運用シリーズは終了です。

この記事について